惣次郎Jr.日記

秋のおもてなし

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 秋のおもてなし

明日から開催の

秋の有田陶磁器祭り(11/2011/24 )に

合わせて、惣次郎窯でも工房にて

22日(金)23日(土)24日(日)の3日間

美味しいお茶とお菓子でおもてなし

させていただきます。

柔らかな色づきだした山々の紅葉狩り

兼ねてでも、どうぞお出かけください。

ご来窯、お待ちしております。

22日・23日・24  9:0017:00 頃まで

惣次郎窯工房にて


阪急梅田本店にて

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 阪急梅田本店にて

ここ大阪に目標を置いて

日々に心地よい秋空を感じつつ

手を重ねた10月。

充実したモノづくりの1ヶ月でした。

【惣次郎窯展】

阪急梅田本店7キッチン&ダイニング

お酒周りコーナーにて

1030日(水)115日(火)

 

この夏より作り始めたいっちんモノ

少し凝った作品を。

「宝瓶」

茶葉をゆっくり蒸らして

贅沢なひとときを楽しんでいただけます。

箸置きなどの小物やフリーカップも。 

また定番の染付けも充実に。

明日よりまた元気に

皆さまとお会いできますこと楽しみに

ご来場お待ちしております。


明日より秋旅へ

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 明日より秋旅へ

明日より今年の秋旅の始まりです。

919日(木)〜23日(月)

【西日本陶磁器フェスタ】

小倉・西日本総合展示場にて

小間NO74に出展

925日(水)〜30日(月)

【惣次郎窯展】

伊勢丹新宿店本館5

キッチンダイニング和食器にて

 

今回の有田滞在は短かったのですが

先の横浜髙島屋さんや銀座三越さんで

実演で描き込んだものや

カタチを作っておいた器にて

いっちんものをまた新たに。

実演という名のもとに本気仕事で笑

描きあげた流水桜のシリーズ。

いっちんの青磁では

トップにあげたランプシェードの他

前回真っ先に品切れした銘々皿や箸置きを始め

急須やカップにも新たに絵柄を考えて。

黒マットのシリーズでは

唐草模様の他に松の模様を。

この松の模様は、元々は古伊万里の染付けの中に描かれてる「根引松(ねびきまつ)」をアレンジして。

根引松は地に足がつくように成長し続けるという願いが込められててとても演技の良い図柄。

そんな想いとともに手に取ってもらえたら

また器を使う楽しみが広がるのではないかと。

今秋も、また沢山の笑顔にご縁に

重なりゆけること願いつ

皆様のご来場心よりお待ちしております。


横浜そして銀座へ〜出展のご案内

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 横浜そして銀座へ〜出展のご案内

つい先日までの猛暑がウソみたいに

秋の近づくのを感じたして過ごしやすくなりましたね。

この夏に汗だくになりつつも重ねたカタチが焼き上がりました。

今週より上京。

また新たなカタチも手に取って頂ければ幸いです。

8/28 9/3  横浜髙島屋7特選和食器売場

9/4 9/10 三越銀座店7リミックススタイル

近年取り組み出した「いっちん」での装飾。

今までに培った有田の仕事を、染付けだけではなく新たに表現出来ないものかと試行錯誤。

今回は、シックな黒マットの釉薬の中に

染付けの仕事でもよく描く唐草の文様を

イメージしつつ、さりげなく。

しっとりと手に馴染むマット釉の手触りも

楽しんでいただきたい品々です。

 

青磁の中に優しく溶けるようなこちらも。

今回は、小物の他にも角鉢など

テーブルの中で主役になるようなサイズも

いくつか作りました。

その他、従来の染付けの器も色々に。

秋の始まりのこの季節

また沢山のご縁が重なりますこと

愉しみな旅の始まりです。

ご来場心よりお待ち致しております。


真夏の暑気払い展〜酒器とうつわ〜

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 真夏の暑気払い展〜酒器とうつわ〜

お盆を越えて季節が進み出したようで

少し暑さが和らいだように感じますね。

と言いつつもまだ汗だくになる日々

吉祥寺の#mistotokyo さんにて開催中の

【真夏の暑気払い展  酒器とうつわ】

も、昨日・今日のお休みを挟んで

明日より後半戦です。

201988日(木)〜24日(土)1819日休み

13:0020:00

住所  東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-20藤野ビル3F

TEL 0422-27-5450

今年は在廊叶わずでしたが

初日の展示の様子を届けていただきました。

品切れになってるモノもあるとは思いますが

それぞれに繊細な個性溢れる8名の

心のこもった作品の数々

この機会に是非にご覧下さい。

出展作家

#安西淳

#梅本勇

#大串真司

#栗谷昌克

#小島尚

#櫻井満

#寺村光輔

#山本領作


彩りの器と逸品フェアin神戸

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 彩りの器と逸品フェアin神戸

梅雨明けはまだかと心待ちしたつい先日が

恋しいほどに。。

連日の猛暑に汗だくwww

身体が氷を求めてます。。笑

とそんな中にも、次の

8/18/4 神戸国際会議場にて

『彩りの器と逸品フェア』に向けて

少しづつですがカタチにできました。

品薄だった箸置き新たなデザインで。

線描きだけでスッキリ目に。

瓢箪のカタチも綺麗ですが

「無病息災」を願う縁起物です。

いっちんで描いた箸置きも。

前回と少し配合を変えて、青磁の色合いと

いっちんの白がトロけるような感じに

仕上がりました◎

こちらの朝顔形の小鉢も新たに。

このいっちんの作業も、手を重ねるごとに

手も目も馴染んでくように憶えて。

自分のアラも目につくけど

ひとつひとつ大事に重ねてゆきたいものです。

染付けの器も色々に

また沢山の笑顔を心待ちに

夏の神戸へ向かいます。

会場内小間NO38にて

お待ちしております。


2019.大阪御礼

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 2019.大阪御礼

有田に戻りバタバタと早1週間。。

ほんの1週間前まで大阪へ居たことが

もうずっと前のように感じつつも。。

お礼遅くなりましたが

先の大阪タカシマヤでも

沢山にご縁をいただき

ありがとうございました。

例年の半分の時間で過ごした

今夏の大阪でしたが、また例年以上に

濃い時間を過ごさせて頂いたように感じております。

色々とお話を伺う中で

これからのモノづくりへのヒントも

頂けたように憶えて。

また次へと繋がる今夏の時間に

心より感謝です。

 

大阪と言えば。。美味しいものも色々に。

お誘いいただいた皆さま

幸せな時間をありがとうございました!

また次の神戸

8/18/4彩の器と逸品フェア』に向けて

そして、その先へ向けても

憶えた感覚を忘れないうちに

ひとつひとつカタチにする日々です。

これまでになかったカタチや

新たに取り組むいっちんモノや

従来の染付けもより繊細さを意識しつつ。

今週末の窯焚きがまた楽しみです。

いよいよ梅雨明けが見えてきましたね。

きっと。。今夏も暑さが半端ないと思いますが。。どうぞお身体お大事にお過ごし下さい。

今夏もどうぞ宜しくお願い致します。


2019.夏の始まり

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 2019.夏の始まり

有田へ篭ること3週間足らずでしたが

この夏の出展第一弾、大阪へ向けて

新作・従来品諸々に発送終えて。

明日から大阪へ向かいます。

『有田焼惣次郎窯展」

大阪タカシマヤ6和食器売場

710日(水)〜16日(火)10:0020:00

最終日は17時まで。

小ぶりの急須に合わせて茶杯や小皿。

中国茶や台湾茶等々も楽しんで頂けるようなサイズ感です。

絵柄も、従来あった雲の絵にタコ唐草を合わせた「雲唐草」を新たに。

モダンな感じに仕上がりました。

マグカップも、形を色々に変えて

手作りの温もりを感じて頂ければ幸いです。

定番の蕎麦猪口も

欠品してた王冠桜やタコ唐草に新たに雲唐草も加えて。

そして今回は、いっちんの器も

新たに色を試してみました。

釉薬には青磁の青を、いっちんの模様には白絵具を混ぜて、浮き出す模様をハッキリとさせつつもさりげなくという感覚を大切に。

いくつか種類を試してるので

実際に手に取ってもらって

質感や色合いを見比べてもらえたら幸いです。

 

2019年も気づけば後半と

今年も充実の刻を過ごさせてもらってますが

この夏もまたひとつめいいっぱいに

重ねてゆきたいものです。

ご来場心よりお待ちしております。

 

  • 2019年夏の出展予定』

7/107/16大阪タカシマヤ(難波)

8/1 8/4 陶芸ジャパン(神戸)

8/88/24 夏の酒器展

      (吉祥寺#mistotokyo さんにて企画展)

8/289/3 横浜髙島屋

9/49/10 銀座三越


夏にむけて

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 夏にむけて

梅雨は何処へ?

というほどに、少し季節が戻ったような

カラッとした心地の良い日々の中

夏へ向けてコツコツとモノ作りの日々。

2019年夏の出展予定』

7/107/16大阪タカシマヤ(難波)

8/1 8/4 陶芸ジャパン(神戸)

8/88/24 夏の酒器展

      (吉祥寺#mistotokyo さんにて企画展)

8/289/3 横浜髙島屋

9/49/10 銀座三越

今夏2度目の参加となる吉祥寺のギャラリーmistoさんでの酒器展に向けては

お酒周り色々と展開考えつつ

少し凝ったものもと盃洗も。

盃洗とは、お酒の返盃をする時に

その盃を洗うための水を張った器。

菓子鉢やコンポートにも

自由にアレンジして楽しんで頂ければ◎

片口やぐい呑も、良い塩梅の厚み加減を

探りつつ、この後の絵付けも含めて

色気のあるものに仕上がれば良いなと

思ってます。

この辺りのカタチは、茶器としても

使えそうなので、少し多めに作って

各地百貨店でも店頭に並ぶ予定です。 

在庫を切らしてました

ゆらぎの小付けや豆皿

この春から少しづつ作っておいた

小ぶりの急須等々も、まずは次の大阪で

いくつかお披露目できたらと目論みつつ

お尻に火がつきつつですがwww

来たる今夏を愉しみにひとつづつ

重ねる日々です。

今夏も沢山の笑顔が繋がりますように。


器と料理と

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 器と料理と

先月末に二子玉川髙島屋

そのまま続けて遠鉄百貨店での出展を

無事に終えて。

その足で向かった磐田市。

お料理教室の先生宅にて

惣次郎窯の器を使ったランチ会へ

参加させていただきました。

 

 

先方様に参加者募集から全てお任せでしたので、告知等々もしてなかったのですが

絵付け体験のワークショップや

有田焼のお話をさせてもらったり

器を使って頂く皆様とより近くに

有意義な時間を過ごさせていだだきました。

何よりご参加の皆様に楽しんでいただけましたこと、ほんとに嬉しく思います。

自分自身がこれから器に関わっていく中で

ひとつ大きなきっかけを頂けたようにも

感じており、またこのような機会を作って

いきたいと感じておりますので

お声かけ等頂ければ幸いです。

素敵なご縁に心より感謝致します。