タグ - 有田焼

明日より秋旅へ

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 明日より秋旅へ

明日より今年の秋旅の始まりです。

919日(木)〜23日(月)

【西日本陶磁器フェスタ】

小倉・西日本総合展示場にて

小間NO74に出展

925日(水)〜30日(月)

【惣次郎窯展】

伊勢丹新宿店本館5

キッチンダイニング和食器にて

 

今回の有田滞在は短かったのですが

先の横浜髙島屋さんや銀座三越さんで

実演で描き込んだものや

カタチを作っておいた器にて

いっちんものをまた新たに。

実演という名のもとに本気仕事で笑

描きあげた流水桜のシリーズ。

いっちんの青磁では

トップにあげたランプシェードの他

前回真っ先に品切れした銘々皿や箸置きを始め

急須やカップにも新たに絵柄を考えて。

黒マットのシリーズでは

唐草模様の他に松の模様を。

この松の模様は、元々は古伊万里の染付けの中に描かれてる「根引松(ねびきまつ)」をアレンジして。

根引松は地に足がつくように成長し続けるという願いが込められててとても演技の良い図柄。

そんな想いとともに手に取ってもらえたら

また器を使う楽しみが広がるのではないかと。

今秋も、また沢山の笑顔にご縁に

重なりゆけること願いつ

皆様のご来場心よりお待ちしております。


夏にむけて

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 夏にむけて

梅雨は何処へ?

というほどに、少し季節が戻ったような

カラッとした心地の良い日々の中

夏へ向けてコツコツとモノ作りの日々。

2019年夏の出展予定』

7/107/16大阪タカシマヤ(難波)

8/1 8/4 陶芸ジャパン(神戸)

8/88/24 夏の酒器展

      (吉祥寺#mistotokyo さんにて企画展)

8/289/3 横浜髙島屋

9/49/10 銀座三越

今夏2度目の参加となる吉祥寺のギャラリーmistoさんでの酒器展に向けては

お酒周り色々と展開考えつつ

少し凝ったものもと盃洗も。

盃洗とは、お酒の返盃をする時に

その盃を洗うための水を張った器。

菓子鉢やコンポートにも

自由にアレンジして楽しんで頂ければ◎

片口やぐい呑も、良い塩梅の厚み加減を

探りつつ、この後の絵付けも含めて

色気のあるものに仕上がれば良いなと

思ってます。

この辺りのカタチは、茶器としても

使えそうなので、少し多めに作って

各地百貨店でも店頭に並ぶ予定です。 

在庫を切らしてました

ゆらぎの小付けや豆皿

この春から少しづつ作っておいた

小ぶりの急須等々も、まずは次の大阪で

いくつかお披露目できたらと目論みつつ

お尻に火がつきつつですがwww

来たる今夏を愉しみにひとつづつ

重ねる日々です。

今夏も沢山の笑顔が繋がりますように。


ただ今、浜松です。

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] ただ今、浜松です。

新元号「令和」とともに始まった5月は

すごく長い時間を過ごしてたように

感じるほど充実した日々を過ごさせて

頂いてました。

有田陶器市からほどなく上京して

絵付け体験会から二子玉川髙島屋さんへ。

そして今週は浜松へ来ています。

遠鉄百貨店本館間7クリエイティブ工房にて

「有田焼  惣次郎窯展」

65日(水)11日(火)

水・木・日・月10:0019:00

土・日10:0019:30

最終日は17時にて閉場。

 

先の二子玉川髙島屋さん出展時には

#ストウブさんの調理実演の中で

器に盛り付けていただいて。

料理と器の相性

料理を引き立てる器

またそんなことを改めて

考えさせられる良き時間でした。

主張しすぎずに存在感のある器

また意識を深く持って

モノづくりに向かいます。

。。とまずは、この1週間

皆様と楽しく過ごせますように。

ご来場お待ちしております。


とわ器(とわき)

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] とわ器(とわき)

昨夏のクラウドファンディングにて

皆様よりのご支援を頂き

2018年10月17日・20日の「検討会」

10月19日の「座談会」

を経て、この度、私なりのセカンド食器、

子どもの頃から大人まで

永く使っていただきたい器が

完成いたしました。

【とわ器(とわき)】

サイズ

小丼  口径12㎝  高さ6㎝

プレート  口径12㎝  高さ1㎝

販売価格 10,000円 (税別)

名入れ   2,000円(税別)

小丼は、手に持たずにスプーンでも

食べやすいように安定感を重視しつつ

ロクロ整形による丸みと高台部分をナナメに削りを入れることによって、スタイリッシュな形を意識しました。

プレートの方は、熱いものを冷ましたりの使い方もできるのですが、食べ残し等を少しの時間でも置いておけるように、小丼の蓋になるように作ってます。

絵柄は、子供っぽくならずに

でも子供にも、何か分かりやすいものが良いと考えて桜の花をアレンジしました。

アレンジの中に取り入れた麻の葉文様には

麻の葉は成長が早いということで

子供の成長を願う想いが込められてます。

成長に合わせて、プレートは取皿など、

小丼はお茶碗にでも。

安定感あるカタチですので、ちょっとした小鉢使いにでも、大切に永く使っていただければ、嬉しく思います。

ご購入希望の方は

こちらのホームページ の

お問い合わせフォーム

http://www.soujirougama.com/#Inquery

よりご連絡下さいませ。

今後、販売に関しましては

各地出展の折りの店頭や

ネットでの販売も検討しております。

追ってご紹介させていただきます。

より有田焼を身近に、子供の頃から永く使いたいと感じてもらえる器を作りたい。

作り手と使い手の距離をもっと縮めたい。

そんな想いを抱いて挑戦させていただいた

作夏のクラウドファンディング。

沢山の皆様のご支援、そして検討会・座談会においての貴重なご意見により、この器が完成出来ましたこと、心より感謝致します。

ありがとうございました。

そして、このセカンド食器を作ることに

あたってのもう一つのコンセプト。

作り手と使い手がより近い距離感で

モノ作りをすること。

この器を制作するにあたりアンケートでのご協力及び検討会に参加頂きました皆様

伊藤 由紀 様

大塚 実穂 様

嘉納 早苗 様

         有人くん

久保田 亜希子 様

鈴木 美央 様

        翌可くん

        理央ちゃん

武田 由佳 様

永冨 裕美 様

        裕亮くん

細谷 奈弓 様

松尾 明日香 様

         倖羽ちゃん

横田 友里香 様

ご協力心より感謝致します。

ありがとうございました。


東武池袋百貨店

会期:3月28日(木) 〜 4月3日(水)

会場:東武池袋百貨店 6階 1番地 和食器売場

時間:10:00 〜 20:00 ※最終日は16時まで

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 東武池袋百貨店

神戸〜 春の始まり

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 神戸〜  春の始まり

ひと窯焚いて次の旅へ出発しました。

3月14日(木)~17日(日) 

陶芸ジャパン :神戸駅地下デュオドームにて

3月20日(水)~26日(火)

銀座松屋 :7階テーブルジョイにて

3月28日(木)~4月3日(水)

池袋東武百貨店 :6階和食器売場にて

気まぐれに描いた花見のうさぎ。

定番だけど、数少なかった華唐草

久しぶりに作ったポットも少しだけ。

1年越しのご注文品も。。

何とか間に合いました。

そして今回自分自身もすごく楽しみだった

数点窯に入れておいた新たな試みのキャンドルポット

こちらもよかんばいに仕上がりました♪

その他定番の桜の器たちも沢山に。

またひとつづつ皆様とご縁が繋がること

心より願いつつ。。

まずは明日よりの陶芸ジャパン

3/14 〜 3/17  10:00〜20:00(最終日17時まで)

ご来場おまちしております。


セカンド食器検討会

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] セカンド食器検討会

昨日にて今年の伊勢丹出展も無事に終えることが出来ました。

2年ぶりに出展をさせてもらった昨年を

上回るお客様に器とご縁を頂き、心より感謝致します。

ありがとうございました。

そして今日は…

この夏に皆様より沢山のご支援・応援頂いて

達成させてもらいましたクラウドファンディングのプロジェクトがいよいよ動き始めます。

10月17日・20日 セカンド食器検討会

19日  座談会

検討会につきましては、ご参加の皆様に事前にアンケートにご回答頂いております。

そのご回答を見させて頂いてるだけでも

これからの私自身のモノづくりにとっての

貴重な財産となりうるお言葉を多数に頂いており、心より感謝いたしております。

そのアンケートをもとにお話をさせてもらうのですが、ご参加の皆様お一人お一人と

じっくりと向き合える貴重な時間。

その場を仕切るのは不得手で不安もありますが、すごく楽しみでドキドキ。。ワクワクしております。

また座談会では、料理とお酒を器とともに楽しみつつ、お酒の力も借りながら、器のこと、この仕事を始めたきっかけなどなど、お話させてもらいながらも、私とご参加の皆様と、ご参加の皆様同士のご縁を繋げる時間になればと考えております。

こちらもまた楽しみな時間。

初めてのことばかりで、バタバタとしてしまうかもしれませんが、皆様に後押し・見守り頂いて動き出すプロジェクト、ひとつひとつ

大事に取り組ませて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。


深まる秋

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 深まる秋

すっかりとこちらのブログご無沙汰してる間に、季節は秋へ。

工房傍に生えてる銀木犀の香りが甘く漂う良き季節になりました。

この夏から秋にかけても、横浜高島屋・銀座三越・西日本陶磁器フェスタ・梅田阪急、と各地にて良きご縁繋がせて頂いておりました。

ありがとうございます。

暑すぎた夏。。地震。。台風。。等々と

心ざわつく自然現象。。

皆さまおかわりございませんか?

どうぞ日々大事にお過ごし下さい。

10月に入り、一気に秋めく空気を感じる今日この頃ですが、今年も残すとこ3ヶ月。

めいいっぱいに過ごさせてもらいます。

10/10 ~ 10/16  新宿伊勢丹

11/15 ~ 11/18 陶芸ジャパン(大阪)

11/21 ~ 11/27 名古屋松坂屋

また、今夏に沢山の皆様よりのご支援・応援により目標達成させていただきました

クラウドファンディングも

10/17・10/20  セカンド食器検討会

10/19 座談会

と、いよいよプロジェクト動き出します!

こちらでもまたご報告させていただきますね。

まずは、昨日窯出しした新作も色々と新宿伊勢丹へ。

深まるこの秋にも、また沢山の笑顔が

重なりますように。


クラウドファンディング挑戦中です

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] クラウドファンディング挑戦中です

先月告知をしたままに
ご報告が遅くなりましたが
只今クラウドファンディングに挑戦中です。

このプロジェクトで
「セカンド食器」を作りたいと
考えております。

正確に言うと
その器を作る前段階の色々な
アイディアを、作り手の私と、使い手の皆様とお話しさせて頂ける「場」を、今回のプロジェクトを通して作りたいと考えております。

3歳くらいの子ども達が使える器
歳を重ねても長く使える器
そんな器を、使い手の皆様と
一緒に考えたい。

有田焼であることとは。。
子どもが使う食器とは。。
長く使えるだけではなく、
長く使いたい器とは。。

作り手と使い手、また一歩踏み込んでお話しさせてもらうことで、
私自身のこれからのモノづくりの在り方も、また成長できると感じております。

型にハマった企画会議というものではなく、モノづくりの秘話だったり、お子さんやお孫さんのお話しだったり、私の人となりを知って頂ける場でもあればとかんがえております。

詳細はこちらより
https://casanell.com/projects/view/11

募集期間残り25日となり
あと少しで、このプロジェクトの
スタートがきれそうです。
是非に後押しを・お力添えを
よろしくお願い致します。


浜松へ。。来てます( ゚o゚!)

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 浜松へ。。来てます( ゚o゚!)

すっかりブログがご無沙汰になっておりましたが。。。名古屋から二子玉川の髙島屋を経て、昨日より浜松の遠鉄百貨店にお世話になってます。

【有田焼  惣次郎窯展】

遠鉄百貨店 本館7階 クリエイティブ工房

6/6 〜 6/12  10:00〜19:00  (金・土 19:30まで)

※最終日は入れ替えの為17:00閉場

 

TOPの写真は先週の玉川タカシマヤにて

雨上がり決死隊の宮迫さんにお会いした時に。

実は数年前に彼らの大阪の番組で器をご紹介頂いたことがあって。お目にかかりたいなと思ってたのですが、たまたま訪れられた売場で、惣次郎のことを憶えて下さったようで、お話させてもらいました。

ちょうどお探しだったサイズの器も数点選んで頂き、ひとつまた繋がったご縁に感謝です。

 

ほんの10日程前までの名古屋の時間も

初めての屋外催事で真っ黒に日焼けしつつも、長年の名古屋のお客様に訪れて頂き、ほんとに良き時間でした。

ありがとうございました。

想い出してると。。キリがなくなるので

写真だけ。。と。。食べ物に偏ってる気もしますが(笑)

東へ向かう道中で出逢った夕色もまたこの季節ならではの良き色でした◎

夏へ向けて徐々に気温が高くなるにつれて

こちらの向日葵の絵柄の器達も好調に動いております。残念ながら、そば猪口やマグカップは品切れとなっておりますが、また夏までには何とか補充したいと思っております。

定番のタコ唐草シリーズも、片口はあと数点となりましたが、色んなアイテムを多めに準備してきておりますので、独特の手触りをお楽しみ下さい。

それから今回、遠鉄百貨店さんで父の日に向けて広告掲載していただいてる

龍のそば猪口

迷った末にペアでお買い求め頂いたりとご好評いただいてます。

右・左、両お顔ともに、残り3点づつほど。

お早めにどうぞ。

こちらでもまた沢山に笑顔を重ねられますように。