タグ - 青磁

明日より秋旅へ

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 明日より秋旅へ

明日より今年の秋旅の始まりです。

919日(木)〜23日(月)

【西日本陶磁器フェスタ】

小倉・西日本総合展示場にて

小間NO74に出展

925日(水)〜30日(月)

【惣次郎窯展】

伊勢丹新宿店本館5

キッチンダイニング和食器にて

 

今回の有田滞在は短かったのですが

先の横浜髙島屋さんや銀座三越さんで

実演で描き込んだものや

カタチを作っておいた器にて

いっちんものをまた新たに。

実演という名のもとに本気仕事で笑

描きあげた流水桜のシリーズ。

いっちんの青磁では

トップにあげたランプシェードの他

前回真っ先に品切れした銘々皿や箸置きを始め

急須やカップにも新たに絵柄を考えて。

黒マットのシリーズでは

唐草模様の他に松の模様を。

この松の模様は、元々は古伊万里の染付けの中に描かれてる「根引松(ねびきまつ)」をアレンジして。

根引松は地に足がつくように成長し続けるという願いが込められててとても演技の良い図柄。

そんな想いとともに手に取ってもらえたら

また器を使う楽しみが広がるのではないかと。

今秋も、また沢山の笑顔にご縁に

重なりゆけること願いつ

皆様のご来場心よりお待ちしております。


横浜そして銀座へ〜出展のご案内

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 横浜そして銀座へ〜出展のご案内

つい先日までの猛暑がウソみたいに

秋の近づくのを感じたして過ごしやすくなりましたね。

この夏に汗だくになりつつも重ねたカタチが焼き上がりました。

今週より上京。

また新たなカタチも手に取って頂ければ幸いです。

8/28 9/3  横浜髙島屋7特選和食器売場

9/4 9/10 三越銀座店7リミックススタイル

近年取り組み出した「いっちん」での装飾。

今までに培った有田の仕事を、染付けだけではなく新たに表現出来ないものかと試行錯誤。

今回は、シックな黒マットの釉薬の中に

染付けの仕事でもよく描く唐草の文様を

イメージしつつ、さりげなく。

しっとりと手に馴染むマット釉の手触りも

楽しんでいただきたい品々です。

 

青磁の中に優しく溶けるようなこちらも。

今回は、小物の他にも角鉢など

テーブルの中で主役になるようなサイズも

いくつか作りました。

その他、従来の染付けの器も色々に。

秋の始まりのこの季節

また沢山のご縁が重なりますこと

愉しみな旅の始まりです。

ご来場心よりお待ち致しております。


2019.夏の始まり

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 2019.夏の始まり

有田へ篭ること3週間足らずでしたが

この夏の出展第一弾、大阪へ向けて

新作・従来品諸々に発送終えて。

明日から大阪へ向かいます。

『有田焼惣次郎窯展」

大阪タカシマヤ6和食器売場

710日(水)〜16日(火)10:0020:00

最終日は17時まで。

小ぶりの急須に合わせて茶杯や小皿。

中国茶や台湾茶等々も楽しんで頂けるようなサイズ感です。

絵柄も、従来あった雲の絵にタコ唐草を合わせた「雲唐草」を新たに。

モダンな感じに仕上がりました。

マグカップも、形を色々に変えて

手作りの温もりを感じて頂ければ幸いです。

定番の蕎麦猪口も

欠品してた王冠桜やタコ唐草に新たに雲唐草も加えて。

そして今回は、いっちんの器も

新たに色を試してみました。

釉薬には青磁の青を、いっちんの模様には白絵具を混ぜて、浮き出す模様をハッキリとさせつつもさりげなくという感覚を大切に。

いくつか種類を試してるので

実際に手に取ってもらって

質感や色合いを見比べてもらえたら幸いです。

 

2019年も気づけば後半と

今年も充実の刻を過ごさせてもらってますが

この夏もまたひとつめいいっぱいに

重ねてゆきたいものです。

ご来場心よりお待ちしております。

 

  • 2019年夏の出展予定』

7/107/16大阪タカシマヤ(難波)

8/1 8/4 陶芸ジャパン(神戸)

8/88/24 夏の酒器展

      (吉祥寺#mistotokyo さんにて企画展)

8/289/3 横浜髙島屋

9/49/10 銀座三越