秋の旅2017

陶房 惣次郎窯 [窯元/佐賀 有田焼] 秋の旅2017

大阪より東へと向かい

3年ぶりの伊勢丹新宿店での出展。

リニューアルしてからは初めてだったのですが、また素敵な空間で仕事させて頂きました。

今回、どんなカタチに興味を頂けるのか、もっとお洒落なカタチが出来なかったかとか。。。悶々と考えておりましたが、蓋を開けてみれば

オーソドックスな飯碗・湯呑み

特に鳥獣戯画はより多くの方に目に留めて頂き、大・小4〜5組づつ完売。

絵柄では、もうひとつオーソドックスな

タコ唐草、遊びタコ唐草も含めて、

今回新作の雫の器、飯碗、湯呑み、蕎麦猪口、マグマカップ辺りのアイテムが、残り僅かになってました。

新しいカタチ・絵柄、何か変わったものなどなどと試行錯誤はもちろん大事ですし、今後も挑戦は続けますが、変わらないもの、続けてきたものを大切に、ひとつひとつを重ねる・繋げることの大切さをまた改めて感じました。

沢山のご縁、そして良き時間を

ありがとうございました。

昨日遅くにバタバタと撤収を終えて

今日はのんびりと西へ西へと帰路の車旅。

優しく染まる夕色の中に登るお月さま発見。

今宵の月は「後(のち)の月」といって

中秋の名月の後の十三夜。

両方見ないと片見月で良くない。。とか何とかあるようですが。。。

旅中に出逢った穏やかな夕空に、ただただ見惚れてました(笑)

ほんの2週間前に大阪より始まった秋の旅路。

2週間とは思えないくらいに。。。

また濃く日々を重ねられた時間

本当にありがとうございました。

有田へ戻ったら。。。

タコ祭りから始めます(笑)